【星5評価】リネットまとめ【大陸の覇者】オクトパストラベラー

【星5評価】リネットまとめ【大陸の覇者】オクトパストラベラー

今回は、星5踊子「リネット」の良い点悪い点からまとめた、総合評価になります!

Ads

星5″リネット”の「基本情報まとめ」

星5″リネット”の「基本情報まとめ」

ジョブ:踊子
影響力:権力
属性:

アビリティ名消費SP詳細
情熱の詩Ⅱ20敵単体に火属性攻撃(威力170)
達人の舞Ⅱ21味方単体に物攻アップ15%と属攻アップ15%の効果を付与
(2ターン)
二連払い26敵単体に2回の扇物理攻撃(威力90)
灼熱の詩Ⅱ32敵全体に火属性攻撃(威力150)
忘火のエレジー16敵全体に火耐性ダウン20%の効果を付与(2ターン)
達人の鼓舞Ⅲ50味方前衛全体に物攻アップ20%と属攻アップ20%の効果を付与
(2ターン)
業火の詩40ランダムなターゲットに3回の火属性攻撃(威力65)
紅蓮の演舞57敵全体に2回の火属性攻撃(威力100)
さらに、火耐性ダウン15%の効果を付与(2ターン)
攪乱の舞48敵単体に3回の扇物理攻撃(威力65)
さらに、属防ダウン15%の効果を付与(2ターン)
サポートアビリティ詳細
交代時攻撃強化(前全)交代時:味方前衛全体に物攻アップ10%と属攻アップ10%の効果を付与
火属性強化(相互)前衛と後衛に火属性ダメージアップ10%の効果を付与

おすすめアビリティ構成

攻撃型汎用型
攪乱の舞攪乱の舞
業火の詩業火の詩or紅蓮の演舞
紅蓮の演舞達人の鼓舞Ⅲ

リネットの「良い点」

リネットの「良い点」

リネットの良い点ひとつ目は、
希少な「武器種」と「属性」のバトルアビリティをもっているところです。

良い点1:「武器種」と「属性」の希少性と追加効果

現状で「扇」と「火属性」自体が全体的に少なく、
リネットはそのどちらも、使いやすい性能となっており

・扇バトルアビリティだと
攪乱の舞(扇の三連撃で、さらに属防ダウン15%の効果を付与)

・火属性では
業火の詩(ランダム三連撃)
紅蓮の演舞(全体二連撃さらに火耐性ダウン15%付与)

など、連撃にデバフが付く優秀な性能で、
そのうえダメージの数値が上がりだすレベル60以降は、サポアビの効果で「威力」も確保できます。

良い点2:「速度」と「バフ」の兼ね合い

リネットは速度も高く、レベル80を超える頃には350以上になり、
達人の鼓舞Ⅲのバフ効果も味方が動くまえに付与できます

その「達人の鼓舞Ⅲ」のバフ効果も、
味方前衛全体に物攻アップ20%と属攻アップ20%と高性能で、
ブレイクさせた敵に対してさらに高ダメージを与えることができ

さらに、以上を使用するまえにリネットを後衛に置いておくことで
サポアビの交代時攻撃強化(前全)も発動するので、
1ターン限定ですが、前衛全体に「物攻属攻30%上昇」を付与することも可能です。

Ads

リネットの「悪い点」

リネットの「悪い点」

リネットの悪い点は、
絶妙に使いづらいところもあり、その一つ目が利点でもある「速度」です。

悪い点1:前後の入れ替えに慣れが必要

リネットのサポアビである交代時攻撃強化(前全)は、
バフ延長のサポアビもちを置かない限りは、基本的に効果ターンは「1ターン」です

その効果を付与させたい仲間が全員、事前に前衛にいないと
速度が高すぎるリネットが、ほぼ一番最初に動くので

リレーでバトンを渡したい相手が、自分の後ろにいるような状況になってしまい

すこし前後の入れ替えに慣れがひつようですので、多少つかいにくく感じるときもあります。

悪い点2:星5の性能までが遠い

これはヴィオラと同じで、
高レベル帯になるまで星4と大差のない性能となっており

攪乱の舞
紅蓮の演舞
業火の詩

以上を覚えてはじめて星5とよべる性能となり、
それら全てを覚えるまでが遠く、強さを実感しづらいです。

最初に手に入れると、はじめたばかりの方ほど、
ナッツも討伐依頼もありませんので、余計にその距離を感じるとおもいます。

星5″リネット”の「総合評価」

星5″リネット”の「総合評価」

総合評価
A
(:D–S+:)

星5リネットの総合評価は、「A」です!

全体的に少ない武器種と属性の連撃もちで、さらにデバフ効果も付いており、
見方や使い方しだいで、その存在は掠れも輝きもするキャラのように感じました。

以上になります!

コメント